スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2泊3日シンガポール旅行3~コンラッド・センティニアル・シンガポール

.06 2012 ヒルトン・コンラッド(海外) comment(2) trackback(0)
シンガポール到着後、向かった先はコンラッド・シンガポール・センティニアルです。
昨年1月に引き続き2回目の宿泊。

あんまり泊まらないヒルトン系ではありますが、会員である以上1年に1回は泊まっておこう、
そして今回の日程のレートがまあまあリーズナブルだったことも決めた要因ではあります。

でもこのシンガポールのコンラッド、東京とかのイメージと異なり、
高級感というより親しみやすさのあるホテルです。
そして結構日本人の多いホテルでもあります。




DSCF2398.jpg



今回、プランはエグゼクティブルーム、いわゆるラウンジアクセスのついたお部屋です。
しかしながら、なぜか今回部屋の写真などは一切撮ってませんでした・・・
なぜでしょう。



カウンターでは日本人の方に受付を頂き、そのままラウンジフロアでチェックインです。



DSCF2510.jpg


ラウンジは確か31F,
今回、ラウンジでのシャンパン、食事の写真も一切なし。
写真を撮った割にホテルの写真がないのはなぜかも覚えていません。


でも感想を言うと、ラウンジのカクテルサービス、アフタヌーンティーなどの品目は
素晴らしくいいというわけではありませんが、コストとのバランスがとれていて
なおかつ使い勝手がとてもいいと思っています。
(私自身、このホテルはサービスは最高という訳ではありませんが、嫌いではありません)


DSCF2445.jpg


ラウンジからはマーライオンがなんとか見えます。


DSCF2452.jpg


ホテルの外観です。
このあたりはリッツカールトン、パンパシフィック、マンダリンオリエンタルなどの
ホテルが立ち並んでいます。



ちなみに朝食は2日とも、ラウンジではなく1Fのレストランで食べました。
(せっかくシャンパンブレックファストも可能なのに1度はラウンジで食べればと後悔しました)

DSCF2493.jpg



1月のエントリーでも書いていますが、
朝食メニューは充実しています。
あと、日本人が多いなといつも思います。


DSCF2415.jpg

DSCF2420.jpg


朝食はこんな感じで・・・・・
いつもアイスクリームオンワッフルを食べます。
(これがとても好き)



今年もシンガポールにはおそらく2度行く事になるかと思いますが、
ホテル選びはとても悩みますね。

このホテルも候補の一つとして、インターコンチネンタル、マンダリンオリエンタル、
リッツカールトンなど・・・・

ただしいくつか改善頂きたい点もあります。
□ネット接続はクラブルームではフリーですが、部屋では確か15分迄無料で超過すると有料。
 (クラブルーム予約の時はやはり無料にして欲しい)
□お風呂の水圧が安定していない。

などですかね。
まあ致命的弱点ではないですが、ネット接続は出来れば無料がいいなあ。




↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ





スポンサーサイト

7-シンガポール旅行~コンラッド・センテニアル・シンガポール滞在記③

.23 2011 ヒルトン・コンラッド(海外) comment(0) trackback(0)
旅行2日目、オーチャードをブラブラしたところで一旦ホテルへ戻る事にしました。

ホテルへ戻ったら、31階のラウンジへ・・・

前の滞在記でも書いた通り、
このコンラッドのエグゼクティブラウンジは基本12歳以下の入場は不可。
ですが、チェックイン時に同フロア内にあるミーティングルームであれば問題ないよ、
だから追加料金払って、ラウンジアクセスにしないか?
と言われ選択した我が家族。

ラウンジに行ってみると、ミーティングルームは2カ所あるけど使用中・・・

・・・

なんだ、そんなこともあるのか??

でも子供がウロチョロ走り回らなければいいよ、と言われ普通のラウンジスペースへ・・・

まあ悪いけど、子供が騒ぐかどうかなんかわかるか、
と思いつつも案内されるソファーへ・・・


th_DSCF4557.jpg

とりあえずタイガービールでおつまみを食べます。
昨日と食べるものはほとんど一緒だけど、もう少しバラエティが欲しいところ。


th_DSCF4499.jpg

昨日は気がつかなかったのだけど、このラウンジからマーライオンが見えます。



th_DSCF4559.jpg


まあ子供は騒ぐでもなかったけど、やはりミーティングルームが使えないと少し気を使います。
のでそそくさと部屋へ戻りました。



まあ2泊だけだったけど、コンラッドではそれなりに色々な事がありました。
この2泊だけでは評価は何とも言いようがない部分もありますが、
結論から言うと、もう一度泊まってみたいとは思います。

【良かったところ】
□チェックアウトの延長は即答で対応してもらえました。
□なんだかんだと言いながらラウンジの女性たちには子供にはサービスしてくれました。
□家族連れだと日本人の多いホテルは安心出来る。ちなみに常時ではないですが、日本人
 スタッフもいます。
□朝食は美味しいし種類が多い。
□スタッフの多くはフレンドリーだった。

【イマイチなところ】
□夜、お風呂が熱湯しか出なくなり、電話したがなかなかすぐ部屋へ来てくれなかった。
 (その後フロントまで行って督促した)
□上記でも書いた通り、ラウンジに関する対応がイマイチだった。
 (ミーティングルーム使用時における)
□ラウンジの軽食の充実度はイマイチかな・・・

といったところかな・・・


先ほども書いた通り、もう一度は宿泊してみたいと思います。
シャングリラ、マンダリンオリエンタル、フォーシーズンズと比べると
やはり値段がそこそこリーズナブルなところはポイントが高い。


実は再度今年の年末にはシンガポールへ来る予定があります。
そのおりは値段にもよりますが、もう一度泊まろうと思います。


↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ







5-シンガポール旅行-コンラッド・センテニアル・シンガポール滞在記②

.17 2011 ヒルトン・コンラッド(海外) comment(0) trackback(0)
シンガポール旅行2日目、朝は7時15分に起きます。
この時期6時30分くらいだとまだ結構暗いのですね・・・

朝はこのコンラッドで楽しみにしていた朝食ビュッフェ、ラウンジか1Fのオスカーズ、どちらでも良いのですが
やはり評判のオスカーズを選択します。
っていうか子連れの旅行は大きなレストランが気遣いなく食べれます・・・

th_DSCF4422.jpg


朝から多くのお客でにぎわいます。
日本人も結構多いです。何度も書きますが、子連れの場合は日本人が多い方がやはり気分的に楽です。


th_DSCF4414.jpg


まずはパン。とっても種類が豊富です。


th_DSCF4420.jpg


th_DSCF4416.jpg


こちらの方にはご飯、味噌汁、漬け物などもあります。

th_DSCF4421.jpg

こちらではワッフルを作ってくれます。
アイスクリームのせを頼む人が多いですね。


th_DSCF4419.jpg

こちらはお粥。トッピングメニューが非常に多いです。
私も食べましたが美味しかった。

th_DSCF4415.jpg

サーモン、生ハムなど


th_DSCF4417.jpg

そしてフルーツ。シンガポールはフルーツはイマイチだったような、それとも私が美味しいところで食べていないのか・・・
でもウォーターメロンジュースは間違いなくベトナムが美味いです。

th_DSCF4412.jpg


とりあえずこんな感じで食べてみます。
ここにはのっかっていませんが、中華系の食べ物が美味しい。

th_DSCF4423.jpg

最後にワッフルのアイスクリームのせを食べます。
これ、評判通りサイコーです。
アイスクリームの上にさらにメープルシロップを必ずかけましょう。

すっかり満足です。

全体的な感想としては
□ 食べ物の種類が抜群に多い。
□ 中華系が美味しいと思う。
□ パンも非常に充実している。
□ オムレツ系はイマイチ?(その場で作ってくれるのですが・・・)

非常に満足度の高い朝食ビュッフェだと思います。


つづく・・・



↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ




3-シンガポール旅行-コンラッド・センテニアル・シンガポール滞在記①

.15 2011 ヒルトン・コンラッド(海外) comment(0) trackback(0)
チャンギ国際空港到着後、タクシーでコンラッドまで移動しました。
移動時間は30分弱で約$25ドルです。信号もほとんどなく快適な移動でした。

そうして到着したのがマリーナにホテルが集中している中の一つ、コンラッドです。

th_DSCF4394.jpg


今回、コンラッドにしたのは、
□トリップアドバイザーやフォートラベルなどでの口コミランキングが1位だったこと。
□思ったよりもリーズナブル。
□プラチナ会員であるインターコンチより日本人が多くて安心。

今回は家族旅行であることも考慮して、安心出来るホテルというのが選択肢でした。



ホテルのプランは真ん中のクラスのビジネルルーム2泊朝食付きです。
このホテルのラウンジは12歳以下は入れないということもあり、子連れの私にはアウト。
よって通常のプランを選択です。


しかしながらチェックイン時、1泊$50でエグゼクティブラウンジアクセスのあるプランに出来るが
どうするか?と言われたので、子連れはダメじゃん・・・
と返事をすると、ラウンジ内のミーティングルームなら入れるが、見てみるか?と言われたので
じゃあ見よう。ということで31階のエグゼグティブラウンジへ行ってみる。

th_DSCF4382.jpg


見てみると、落ち着いた雰囲気のミーティングルーム、そしてラウンジの食べ物もまあ悪くなさそうなので、有償アップグレードをすることにしました。

というわけで無事チェックイン。
ホテルは3名ということでエキストラベッドを用意してもらっていましたが、子供は一緒のベッドで寝るので不要と言うと、すぐ撤去してもらいました。
ホテルの対応の早さなどは口コミ1位に恥じないバランスのとれたホテルだというのが第一印象です。


th_DSCF4404.jpg


そして噂通りのコンラッドのベアーちゃんがお迎えを・・・
子供はとても喜びます・・・

th_DSCF4400.jpg

th_DSCF4493.jpg


あんまり部屋の写真はとれなかったのですが、
広さは40平米程度で、まあそこそこ年度が経過しているようで少しの古さはありますが、
シンプルな内装で過ごしやすそうな感じです、悪くありません。

ちなみにテレビはSONYのブラビア、あとは浴室は個別のシャワーブースがあり広々としています。


部屋は24階でした。


そして少し休憩のあと再度31階のエグゼクティブラウンジへ行きます。
この時間はBAR TIMEのような雰囲気でお酒、軽食、つまみなどが出ており、
なかなかの充実ぶりです。(これも写真撮影しそこねた・・・)

th_DSCF4372.jpg


なにわともあれ、1本目のタイガービールを頂きます。
シンガポールの楽しみの3割はこの気候でタイガービールを飲む事だったんですねー。


th_DSCF4374.jpg

時間は19時頃でしたが、まだ外は明るいです。
ちなみにこのあたりはホテルが密集しています。
写真のパンパシフィック、マリーナマンダリンの他にリッツカールトン、マンダリンオリエンタルホテルなどもこの徒歩圏内にあります。

さあこれからどこに晩ご飯を食べにいこうかな・・・・・


つづく。


↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。