スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の出張はANAで。

.18 2012 ANA comment(2) trackback(0)
昨日で今年最後の出張は終わり。(多分)
往路はJALでしたが、帰路はANAで帰京しました。

せっかくだからANA SFCダイナースプレミアムを使いたいとか言った理由ではなく、
単純に予定を考慮しつつ、帰りの羽田からのバスの時間を考えると、ANAの選択がベターだったからです。


IMG_1268.jpg

バスを降りてANA側のターミナルへ。
そのままプレミアムチェックインをするのですが、いつもアウェイ感を感じつつ向かいます。



IMG_1275.jpg


チェックイン後はANAのラウンジへ。
確か8月に改装オープンしていますが、私は全く初めて入ります。



IMG_1271.jpg


IMG_1272.jpg


IMG_1274.jpg

感想は一言・・・
よくこれだけ詰め込んだなー。 


コンセント付きのデスクがずらっと並びます。
そしてその膨大なデスクと椅子の数・・・

椅子はパチンコ屋さんみたいに、床に固定されたタイプですが、
デスクとの間が狭くて相当窮屈・・・ 
まさに仕事用に設置された椅子でのんびり過ごすには無理です。
デスク幅もとても狭いので、万が一両となりに人が座れば、かなりのストレスになるでしょう。

幸い、この日は昼間だったので結構空いていましたが、
混んでいる状態というのはどんなのでしょうか?


今までの需要を見ながら、あらたにこのラウンジレイアウトを検討をしたと思うのですが
ソファーより仕事用のデスク・椅子が多いのですね。(正確に数えていませんので真偽は不明)

まさに仕事に利用する上級会員用に作られたラウンジですね。
とっても機能的で、特に国内線においてはANAらしさを感じます。
個人的には羽田のANAラウンジの位でとどめていた方が良いようにも思いますが・・・

全く個人的な意見ですが、
今年ANAは国内線のラウンジ改装を積極的に進めていくのを見ながら、JALもそろそろ札幌、福岡、伊丹のラウンジ改装しろよ・・・と思っていましたが、
もしこのANAと同じようなラウンジを作ったら、カスタマーセンターに嫌みの一言でも言うでしょうね。
これはANAのラウンジが良くないと言うより、やはりそれぞれ別々の戦略で進んで頂いた方が、われわれもキャリアの選択をしやすいということです。ANAが好きな方もJALと同等以上に多いはずですから・・・
よくも悪くもJALの少しゆるい部分の方が好きな私の独り言です。


少し脱線しましたが、その後搭乗。
噂に聞く、優先搭乗システム。
事前改札があって、
ダイヤモンド会員の優先搭乗、
そしてプラチナ、SFCの優先搭乗、
そして一般会員の優先搭乗。

地上職の方も案内が大変ですね。
私もプラチナ、SFCの優先搭乗が始まってから、その最後尾に並びましたが、
やはりダイヤモンド会員のみの優先搭乗でいいんじゃないでしょうか。(羽田⇔伊丹線に関しては)
最初から一般会員と一緒の搭乗・・・ ってされた方が最初からすっきりしていていいように思うのは
年に10回弱しか乗らないSFC幽霊会員だからでしょうか。
やはり100人を超えるような優先搭乗には違和感を感じました。



ということですっかりJALに飼い慣らされている私としては
いつもと異なる不慣れな行動、動きに少し戸惑いながら、今年最後の出張を終えました。




↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ









スポンサーサイト

ANAマイレージクラブのリニューアルについて

.10 2012 ANA comment(2) trackback(0)
先般ANAよりリリースされた、ANAマイレージクラブのリニューアルについては結構ネットでも論議が盛んになっていますし、多くの航空系ブログの方がエントリーされていますね。

JAL&ワンワールダーであり、ANAに関しては完全な平SFC会員でもあるので
あまり多くを語る立場ではないので、簡潔に・・・


わかりにくい・・・
極力改悪に見せないように、一生懸命ひねってみました。

って感じですかね。特にボーナスマイルの計算方法についてです。

私の場合、平SFCかつANA-JCBゴールドを所有しているので、

スクリーンショット 2012-11-10 21.23.03


ボーナスマイルは40%。実質10%の改悪ですね。


スクリーンショット 2012-11-10 21.25.18


ちなみに
SFCでなくとも、ANAプレミアムカードを所持していれば50%のボーナスマイルなので
SFCのゴールドカード所有者より、一般のプレミアムカード所有者を優先するということです。



ここは基本お金を払った人に対してはマイルを優遇するというのが基本方針なんでしょう。



ややこしいのがこちら・・・

スクリーンショット 2012-11-10 21.27.46


ステイタスの継続性と、所有しているカードによって、ボーナスマイルが変わってくるのが
ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド会員の方々。

最大で130%のボーナスマイルを頂けるのが、ステータス2年目継続かつ、ゴールドカードの所有者、
ということになります。


ANAの決めた事に対して、どうこう言う立場にはありませんが、
今迄のステイタスに加えてクレジットカードの所有している種類によってボーナスマイルの付与率が
変わるというのは個人的にはあまりセンスよくないな、と思います。

このあたりはもっとシンプルでよいのでは、というのが個人的な思いです。


あとは国際線のフライトマイル積算率ですね。



スクリーンショット 2012-11-10 21.35.34



国際線だとエコノミースタンダード以上でないと、マイル積算率が100%つかず
エコ割3とかだとマイル積算率が50%という部分が改悪となっていますね。


先ほどのボーナスマイル含めて計算してみると、
マイル積算率が50%+私の場合平SFC・ゴールドで40%のボーナスマイル=90%のマイルとなります。

シンガポール片道3,312マイルだけども、貯まるマイルは3,000マイルを切ってしまうということです。


ちなみに私がキャセイでシンガポールにエコ得5(一番安い)を購入しても
基本マイル積算が100%なので、キャセイのアジアマイルにつけても、JALマイルにつけても
3,433マイルきっちりつきます。

ですので、多少の改悪は良いとしても、SFCを持っての個人海外旅行でのANA航空券の購入は
私的には少し引き気味になってしまうでしょうね。


今回のリニューアルが経営的にどう出るのか、私としても非常に興味があります。


まあ色々書きましたが、
ANAの戦略に対してケチをつける気は毛頭ありません。
私としてはマイルの付与率がどうであろうと、海外旅行に行く時は正直ANA,JALを極力選ばず
海外航空キャリアを選びたいといつも思っています。

これはあくまでも個人の嗜好なのですが、
成田、羽田から飛行機に乗った時点で少し海外を感じられる、海外航空会社の方が
少し旅を長く楽しんだ気分になります。
正直、海外の空港から飛行機に乗る時、JALなどに乗ってCAさんと会釈した瞬間に
もう日本に帰ってしまってげんなりする事があるのがいやなんです。



と考えながら12月か1月にはまたホーチミン、シンガポール、バンコクのうち2カ国を
廻りたいなと日々妄想中です。





↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ






久々にANAに乗ってみた。

.18 2012 ANA comment(0) trackback(0)
3連休は夏休みに実家に帰省できなかったので、
関西に戻ってました。
奥さんと子供は既に1日前に帰省、私は3連休初日の朝一に帰省です。

往路は奥さんの実家に近い関空経由で、なので7時25分発の便のあるANAに乗ります。


IMG_0787.jpg

ついついバスを降りるのは忘れないか不安になります。
久々の第二ターミナルは相変わらずきれいでいいですね。



IMG_0788.jpg


少し迷いましたが、3連休の初日で非常にお客さんが多いので専用チェックインを活用です。




IMG_0793.jpg



そしてラウンジへ・・・
JALとは全然ラウンジのデザイン、インテリアは異なりますが、
このANAラウンジはこと国内線においては嫌いではありません。



IMG_0790.jpg


いつもならJALダイヤモンド・プレミアラウンジで供されるパンを頂きますが、
通常のANAラウンジですのでサンドイッチを購入。
ドリンクはグレープフルーツジュースです。
(これはJALにはないのですが、美味しくていいですね)



IMG_0789.jpg

IMG_0791.jpg

この日座った椅子です。

IMG_0792.jpg

今日は土曜日です。人はまあまあの数だったように思いますが、
ラウンジ奥のこのエリアは空いていました。
(平日の朝の状態は私もあんまり知らないので・・・)




IMG_0794.jpg



たまのANAもいいもんです。
ちなみに飛行機の機材は、朝一関空便は国際線仕様で、前方席を確保すると
ビジネスクラスシートに座れます。
(残念ながら満席のため写真は遠慮しました)

おかげで関空まで一度もも起きることなく熟睡できました。




IMG_0798.jpg


関空を少し散策すると
ジェットスターのカウンターがありました。
残念ながらピーチは国内線出発エリアではなく、別の場所にあるようです。


私もこういった帰省を利用して,早くLCCを経験してみたいのですが、
さすがに成田まで行く気にはなりません。
そういった意味合いでは成田より少しまだ大阪中心に近くて24時間空港である
関空はLCCはかなり伸びる余地がありそうですね・・・・




↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

ANA羽田=伊丹路線の優先搭乗サービスの一部変更

.13 2012 ANA comment(2) trackback(0)
キャプチャ


もうあれこれ1週間前のリリースですので、ご存知の方も多いかと思いますが、
ANAの羽田=伊丹線の優先搭乗の手順に一部変更があるようです。

もともとは
① 事前改札サービス(お手伝いが必要な方、赤ちゃん連れなど)
② 優先搭乗サービス(スタアラゴールド、プレミアムクラス搭乗)
だったのが、

① 事前改札サービス(お手伝いが必要な方、赤ちゃん連れなど)
② 優先搭乗サービス(ダイヤモンドサービスメンバー)
③ 優先搭乗サービス(プラチナ、スタアラゴールド、SFC、プレミアムクラス搭乗)

と変わるようです。(10月1日から)


私も2008年にJALのステイタスを確保後、2009年はSFC取得のためANAにしばらく乗っていましたが、
羽田=伊丹線の優先搭乗のあの列に少しうんざりしていました。
なので私自身もANAの羽田=伊丹線の優先搭乗を活用することはほとんどありませんでした。
そしてダイヤモンド会員にとってもいいニュースなのではないでしょうか。
(というかダイヤモンド会員は、今までかなり不満に感じていたのではと思いますが・・・)

しかし事前改札をして、優先搭乗が2回続き、そして一般搭乗ですか?
これも少し時間のムダのように思います。
羽田=伊丹線については、SFC会員が100名を超えることがザラだと思いますので、この路線については
PLT、SFC会員(スタアラゴールド)の優先搭乗をやめることも一つの手段のように思います。

私はJALにおいては優先搭乗はケースバイケースで利用しております。
① スーツケースを速やかにいい場所に収容したい。
② 早朝に起きたので、さっさと窓側に座って寝たい。
の時は積極的に優先搭乗をします・・・が並んでまで優先搭乗をしたくない・・・ってのが本音でしょうか?

ちなみにJALファーストクラスに乗る際は、荷物収容には当然余裕があるのでギリギリに搭乗します。

でもこの優先搭乗、
JALにおいても、何も事情の知らない方や、確信犯で潜れ込んでくる一般JGCの方々もよく見かけます。
こういった場合海外の航空会社では明確に区別するのに対して、日系航空会社はそこまで徹底は難しいようにも
感じています。


まあJALもANAも一度規定回数をクリアして、それぞれクレジットカードで年会費を払うと、永久的に上級会員になれる仕組みになっており、私もANAではその恩恵を受けています。
そういった会員とダイヤモンドクラスの会員の種別については、JAL,ANAとも色々苦慮されているところもあるのではないでしょうか。


↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ




ANA国内線サービスリニューアルについて

.15 2012 ANA comment(0) trackback(1)
今年のゴールデンウィークは、
2日~5日の間に実家である関西に帰省致します。
往路は嫁さんの実家に行く為に、関空へ
復路は私の実家から変える為に、伊丹から帰省です。

奥さんは往復ともJALですが、
私は往路はANAで購入したスターフライヤーに乗る事にしました。

スターフライヤーって椅子もゆったり、サービスも悪くないし、
ANAもマイルも通常通り貯まって、いいなと思います。


話は脱線しましたが、数日前のANAのニュースリリースです。

6月より国内線のサービスを充実させるとのことです。
1. プレミアムクラス
 □機内食の見直し
 □スタバコーヒーのラインナップ
 □プレミアムクラス客もラウンジが使える。(各地)
 □新機材には新シートの導入
2. 普通クラス
 □コーヒーを無料メニューにラインナップ
 □新機材には新シート

まあこういったところでしょうか。

今年より3社のLCCが発足し、
ANAやJALは一応プレミアムサービス路線を目指すのは当然の帰結なのでしょう。

でもスターフライヤーなどを見ていても、そのコスト見合いを考えると
ANAやJALの国内線ってサービス悪すぎですよね。

新聞サービスも辞めて、ANAは普通席のコーヒーなどを有料化したけど
結局コーヒーは再度無料化なので、
まあ、サービスの充実とうたえるほどのものではありません。

あとANAのプレミアムクラスはシャンパンとか飲んでも、プラスチックカップなので
たまに興ざめすることがあります。(JALのFはグラス)




まあJALやANAにとって
国際線と比してまだまだ競争の少ない、国内線。
例えLCCが出来ても羽田や伊丹に就航するわけではありません。

今の高止まりしている航空運賃と、
極力簡素化したサービスを必要以上にコストをかけずに(特に普通席)
利益を確保しておきたい、というのが本音では・・・とも思えます。


たまに家族で行く沖縄旅行など、せっかくの長い時間、もう少し機内で楽しめたらな
と思う事もしばしば・・・・
あの高い航空運賃と、機内サービス考えると、
じゃあ海外にしよっかという結論にもなっています。




と、文句ばかりを言ってしまいましたが、
相変わらずANAは機材にはそこそこ投資していますね。


最近のJALの新しいニュースはB787にシェルフラットネオ導入
だけなんですから・・・(全然新しくないし・・・)






↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ






 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。