スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALニュースいろいろ

.31 2010 日記 comment(0) trackback(0)
JAL株主優待券やっぱりやめます… 昨年11月発行分が最後に

個人投資家らに人気の高かった日本航空(会社更生手続き中)の株主優待券が、結局、昨年11月の発行分を最後に姿を消す方向となった。同社の一部では客をつなぎとめるため、存続も検討されたが、「100%減資で株主の責任を求める一方で、優遇制度を続けるのはおかしい」(関係者)との主張が勝った。
ネックとなったのは、やはり公的資金。経営破綻した日航には公的資金が注入されており、ライバルの航空会社などには「公的資金を活用して航空運賃を割引することは許されない」との批判が根強い。

 一方、日航内には、優良顧客でもある株主の優待制度を継続した方が営業的にプラスとの意見も一部にあったが、事実上の公的資金による値引きとの批判が強いうえ、株主責任との整合性も問われるため、継続は難しいと判断した。

 日航はこれまで3月末と9月末の保有株式数に応じて、毎年5月と11月に株主優待券を発行。優待券を使えば、国内線の片道を普通運賃の半額で搭乗できる。株主以外でも使えるため、金券ショップにも流通している。日航が優待券を廃止すると、株主に同様の優待券発行を行っている全日空に顧客を奪われるとの懸念もある。

 日航は更生計画認可後に株券が紙くずになる100%減資を実施する方針だが、時期は早くても秋以降となる見通し。


--------------------------------------------------------------------------------

元株主の被害妄想だとは思うが、相変わらず株主には厳しいなーと思う個人的な意見と、
まあ仕方ないのかな、と思う気持ちと二つある。

まあいずれにしても我々株主の株は100%減資、要するに紙くずですね。

しかしながら公的資金を導入されている現状、何かをするたび外野の声が結構うるさい。

□公共の路線を維持しろ・・・
□値引き販売は公正に反する・・・
□路線をもっと減らして、国際線から撤退しろ・・・・

銀行、政府、競合含めてまあその立場立場でいろいろ声があがるもんだから
出てくる意見はほぼ逆方向のものが多い。

こういった周辺環境とそのかわらないJALの歴史をを客観的にみていると、
本当にこの会社立派に再生するのだろうか???
とてもそうは思えない。
例えばリストラをして、利益があがるようになって、そこそこの国際線もまた復活して
立派な企業に再生をしたとして、
そういった場合、
JALが儲からない路線は一切出さないという方針で企業運営をしていたら、
その時はその時で
また叩かれたりするのではないか?

日本航空って、破たんしたのは周辺環境によって作られてきた企業風土が本当に強く影響を
しているような気がしますね。

私自身、元しょぼい株主ではあるけど、意見を言わせてもらえれば
こういった形で破たんをさせた以上は
きっちりとした100%民間企業として再生をすることを望みます。
中途半端に政府が介入したりする会社であれば、この際つぶれた方がいいと思うし
うまくいくはずもない・・・

毎回JALのこういったニュースをみるにつけいやになります。



日本航空:JALホテルズをオークラに売却へ 更生計画に記載

会社更生手続き中の日本航空は、子会社でホテルを運営する「JALホテルズ」を、ホテルオークラ(東京都)に売却する方針を固めた。日航は、本業に経営資源を集中するため、航空事業以外の子会社を売却・清算することを1月に表明しており、JALホテルズ売却もその一環。8月末に東京地裁に提出する更生計画案に盛り込む。

 売却で得た資金はリストラ費用などに充てる考え。JALホテルズは70年の設立。08年までに土地・建物のほとんどを売却し、現在は施設を保有せず、運営に特化している。東京の銀座日航ホテルなど国内41、海外17の計58カ所のホテルを運営している。09年3月期の売上高は約138億円、経常利益は約2億円。

 ホテルオークラは、東京・虎ノ門など国内外に21カ所のホテルを展開。09年3月期の連結売上高は551億円、経常利益は21億円。買収による規模の拡大で、収益力向上を図る。



----------------------------------------------------------------------------------------


JALはHP上では決定していない旨をリリースしているが、多分こうなるのかな・・・
こうなった場合、JALのマイラーであり、上級会員の恩恵を受けている私としての意見として
気になるのことがたくさんある。

□JALとの提携が全くなくなると、JGCとしての特典が全くなくなるのだろうか?
□現在JAL系のホテルを使うと、どこもICクーポンが使えるところが多くなっているが
 そういったJAL系のサービスはどうなるのだろうか?
□毎年もらっていたホテルクーポンは?

などなど・・・
そういえば最近作ったJALホテルズのゴールド会員特典なんかはどうなるんだろうか??

まあ最近はもっぱらクラウンプラザ系のホテルに泊まっているのであまりショックでもないが・・・

でも日航アリビラなどいいホテルもたくさんあるので
いい意味でオークラグループになってもサービスアップをしてもらえれば
よしとしよう。
そして望むべくは適度な提携関係は維持をした方が、結果的にプラスになるのではないだろうか?


スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。