スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族との香港旅行(9)~CXビジネスラウンジ『THE WING』

.16 2012 空港ラウンジ~香港 comment(0) trackback(0)
DSCF4929.jpg


香港での最後の街散歩とショッピングを終えて、そのままチェックアウトの準備。
結局、今回の旅行はホテルでのんびり&近隣散歩とショッピングで終わってしまいましたが、
まあもともとの目的はショッピング&インターコンチ香港のラウンジでのんびるだったので
目的は果たせたと言ってよいでしょう。

本当はどっかで美味しいものを食べる、香港島側にも行きたい・・・
というのはあったのですが、また次回ということでいいでしょう。

しかしながらインターコンチネンタル香港のクラブアクセスプランは子供含めると相応の費用もかかるので
それならば、もう少し安い東南アジアのホテルでも・・・
ともなる可能性も高く、次訪問するのは少し先にはなっちゃいそうですが・・・



チェックアウト後はタクシーで空港まで行きます。
確かホテルからタクシーまで250HKD程度だったので、香港もタクシーは安いですよね。




DSCF4931.jpg


そしてチェックイン。
このチェックイン後はBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンを購入。


クワイアットコンフォート15


香港だと日本より少し安く買えました。




そして出国審査後は、まずは免税店で買い物をしてからラウンジへ・・・

今回のラウンジは『THE WING』です。
現在は元ファーストクラス区画は改装工事中でビジネスラウンジへ入ります。
(一応ビジネスの一部区画がファーストの専用エリアとなっていますが)


このビジネスは最近改装したばかりの全く新しいスペースとなっています。

我々の目指すはヌードルバーです。


DSCF4934.jpg

以前のヌードルバーを知らないので、あれなんですが、とても広々としたオープンエリアになっています。


DSCF4932.jpg

DSCF4936.jpg

家族3人で食べたのは
ワンタン麺、台湾ヌードル、坦々麺だったと思います。



DSCF4933.jpg

DSCF4943.jpg


それ以外にも食べるものはビュフェ形式でありますので頂きました。

しかしながらやはり以前のファーストクラスラウンジと比べると食べる物の種類はかなり少なくなりますね。



あとこのヌードルバーエリア以外に
ロングバー、コーヒーが飲めるエリアなど多くの区画に別れ、なおかつ2フロアもあるかなりの広さのラウンジではあるのですが、われわれはこのヌードルバーエリアのみでタイムオーバー。

完全な取材不足です・・・
実はこの時から2度キャセイには乗っていますが、2度共ファーストクラスラウンジのあるピアのみの訪問となっています。今年度末にはこの『THE WING』のファーストクラスラウンジが改装オープンされますので、その時までは少しお預けとなりそうです。


というわけで少し中途半端なエントリーで申し訳ありません。

既に出発まで20分を切ろうかというところ、ダッシュで搭乗口まで行きます。


DSCF4945.jpg



走って搭乗口に向かうと既にファイナルコール。
おそらく私が乗ったのはほとんど最後。

帰路も当然JALです。



DSCF4946.jpg



こちらが帰路の機内食・・・ カレーです。
香港発は一応2種類から選べたのですが、もう1種類は忘れましたが人気薄・・・

前の方のお客さんでペアの方には一方がカレーを選ぶと、もう一方の人には別のその人気薄の機内食を
選んでもらうようCAの方はお願いしていました。

幸いウチはダイヤモンド会員である配慮があったのか、両方カレーでOKでした。
味は・・・ ですが、文句は言えませんね・・・





というわけで、このまま羽田に着いてこの香港旅行は終わりです。

旅行自体はとても楽しかったんですが、こうやってブログに書いてみるとなんか消化不良な感じも否めない
もうワンパンチ欲しかったと感じる今日この頃です。



おしまい






↓ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願い致します。


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ












スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ichipu.blog101.fc2.com/tb.php/443-318503cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。